CBDガムの効果とは?メリット・デメリット・購入時の注意点を解説

CBDを手軽に摂取できるCBDガムが、いま注目を集めています。CBDを摂取したことのない人でも始めやすく、低価格なのも魅力の一つです。

この記事ではCBDガムについて解説します。はたして、他のCBD商品と比較してどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CBDガムを購入する際の注意点も一緒に紹介するので、CBDガムを購入してみたいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

目次

そもそもCBDとは?

CBDとはCannabidiol(カンナビジオール)の略で、大麻草の種子と茎から抽出された天然成分の一種です。CBDに依存性はなく、大麻取締法で規定されている成分が含まれていないので、合法的に使用できます医療現場では、さまざまな治療に役立つ成分として期待されており、世界各国で研究が進められています

同じく大麻草に含まれるTHCは、精神的「ハイ」を引き起こしたり幻覚作用や依存性があったりする成分であることから、厚生労働省によって規制されている違法成分です。たとえ医療目的であっても、THCを含むCBD製品は日本で使用できません。

輸入時にはCBDやTHCの濃度などが記載された成分分析書を提示することが義務付けられています。成分分析表が公開されているCBD商品であれば、安全性が高いので使用しても問題ないでしょう。

CBDガムとは?どんな効果・効能がある?

CBDガムとは、チューイングガムにCBDを配合させたもので、噛むことでCBDを摂取することができます。CBDが配合された商品は日本でたくさん流通していますが、その中でもCBDガムは、手軽にCBDを摂取できる商品として人気を集めています。CBDガムの効果や効能を6つ紹介します。

リラックス効果

CBDガムを噛むことで、心身をリラックスさせる効果があります。

人間は、外的要因に関係なく生理機能を維持する働きがあり、これを「恒常性(ホメオスタシス)」といいます。このホメオスタシスを維持するためには、体内の神経伝達物質をコントロールする「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」が、強いストレスや老化によって弱体化するのを防がなければなりません。

このECSの働きを促進する方法の一つとして、CBDの摂取があります。CBDが生体内に存在するさまざまな受容体を通してECSに働きかけ、ホメオスタシスが維持されます。その結果、リラックス効果を生み出すと考えられているのです。

睡眠への効果

CBDが持つリラックス効果によって、睡眠の質が向上すると考えられます

睡眠障害は身体的・物理的・精神的ストレスなどのさまざまな要因が考えられており、身体と心が落ち着かない状態が睡眠の質や時間に影響を与えています。

先述の通り、CBDガムの摂取には、リラックス効果を生み出す作用もあります。心身ともに安らぎ、緊張がほぐれることで、不眠といった悩みを解決できると期待されています

虫歯予防・口腔ケアの効果

虫歯や歯周病は、口腔内に存在する虫歯菌や、歯に付着した細菌の集まりである歯垢(プラーク)などが原因です。CBDが持つ抗菌作用が、これらの細菌に働きかけ、虫歯予防や口腔ケアに役立つと考えられています。

CBDガムは噛み続けることでCBDを摂取できる製品なので、CBDグミやクッキーのような製品よりも高い効果が期待できるでしょう。

体の痛みを抑える効果

CBDは関節炎やそれに伴う痛みを和らげる効果があり、CBDガムを摂取することでも同様の働きが期待されています。一時的な痛みだけでなく、慢性的な痛みを抑制することも研究によって明らかになっているのです。

また、背中や腰の痛みを軽減するのに役立つことも分かっています。これは、CBDが持つ鎮痛作用や抗炎症作用で痛みが和らいだのではないかといわれています。

また、CBDは依存性リスクが低いことから、長期的に摂取しても摂取量を増やす必要がないと考えられています。

自律神経を整える効果

人間の脳内には、自律神経の副交感神経を優位にさせ、リラックス状態へと導く働きを持つGABAとセロトニンという物質が存在します。CBDはこれらの物質を活性化させ、さらに分泌を促すことが分かっています。

副交感神経が優位になれば、副交感神経とは真逆の働きをする交感神経は自然に抑制され、自律神経のバランスを整えることができるのです。そもそも、CBDは交感神経には作用しないことも示唆されています。

さらに、セロトニンは睡眠の質を向上する効果も期待できる物質です。CBDガムの摂取による効果は、相互作用によって自律神経の乱れや睡眠障害などさまざまな悩みを解決することが分かっています。

消化器官の働きを整える効果

消化をスムーズにおこなうためには、便が溜まっている状態を脳に伝え、脳からの命令によって腸の運動を促す必要があります。これらのシグナルを、腸が瞬時に送信・受信するためには、ESCが常に良好でなければなりません。

先述の通り、CBDはECSの働きを促進する効果があります。CBDガムを摂取することでECSが正常に働き、結果として消化器官の機能が整うのではないかと考えられています。

CBDガムを摂取する4つのメリット

CBDガムは、CBDの効果や効能を比較的手軽に得られ、メリットもたくさんあります。「CBDをどんな製品から摂取しようかな」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

時間や場所を選ばずに摂取できる

ガムは簡単に持ち運べて、時間や場所に拘束されずに摂取できるメリットがあります。テレビを見たり読書をしたりしながらでも問題ありません。また、CBDガムは、CBDオイルのようにCBDを摂取するために他のものを用意する必要はありません。噛むだけで気軽に摂取できるのも大きなポイントですね。

ガムの味があるため摂取しやすい

CBDの摂取方法として広く浸透しているCBDオイルは、独特な香りや風味、オイル感が苦手という方もいるでしょう。一方CBDガムは、ガム自体に味や香りが付いているので、CBD初心者の方でも摂取しやすいのが利点です。

ガムを噛むこと自体にメリットがある

ガムを嚙むことによって、集中力を高めたり、唾液分泌による虫歯を予防できたりします。さらに、満腹中枢に働きかけることで食欲が抑制され、ダイエットも期待できます

さらに、CBDガムの摂取は、唾液に含まれるCBDが消化器官で吸収される前に、口内の舌下から吸収することが可能です。消化器官からの吸収率が6〜20%なのに対し、舌の毛細血管からの吸収率は13〜35%。CBDガムによるCBD摂取は、吸収率の高さにおいてもメリットが大きいのです。

CBD食品を食べるよりも高い効果が期待されている

人間は、食べたものを消化して吸収するまでにある一定の時間を必要とします。そのため、CBD含有食品を食べる場合は、CBDが体内に吸収されるまでに少し時間がかかります。

しかし、CBDガムは口内の層や舌下からCBDを吸収できるので、効果をより早く実感できることが期待されています。 ※1

CBDガムのデメリット

CBDガムは手軽に摂取できる反面、CBDオイルやグミなどの商品よりも摂取量の把握のしづらかったりTHCが含まれている可能性があります。「CBDを摂取したことはあるけれどCBDガムは初めて」という方は、必ずチェックしてくださいね。

CBDの摂取量が把握しづらい

CBDガムは「どれだけ長い時間噛んでいたか」によってCBDの摂取量が変わります。そのため、CBDオイル含有の食べ物や飲み物に比べて、製品に含まれているCBDをきちんと摂取できているのかどうか把握しづらいデメリットがあります。

一般的なガムを噛むのと同じ感覚で、味や香りがなくなるまでは嚙み続けたほうがいいでしょう。詳しい摂取方法は、CBDガムを購入したメーカーやショップのスタッフに聞くことをおすすめします。

海外製のCBDガムにTHCが入っている可能性もある

現在、日本製のCBDガムの種類は少なく、日本に流通しているCBDガムのほとんどが輸入品です。輸入されたCBDガムの中には、THCが含まれているものもあるため、購入前に必ず成分表を確認してください

CBDやTHCなどの大麻由来成分は、国によって使用制限が設けられており、THCは日本では検出されると違法になってしまいます。CBD製品を輸入する際は成分分析書の提示が義務付けられているため、もちろん、輸入することは不可能です。

しかし、中には検問をすり抜けてTHCが混入したCBD商品が日本に出回っている可能性もあります。全ての商品が必ずしも安全とは言い切れないので、購入時に商品の安全性をきちんと確認しておきましょう

CBDガムを買うときの注意点

CBDガムのデメリットをカバーするためには、購入前に商品の安全性を確かめる必要があります。安心してCBDガムを使用するためにも、これから紹介する2点の確認事項をぜひ覚えてくださいね。たとえいつも買っている商品だとしても、毎回チェックする癖をつけると安心です。

分析証明書の有効期限を確認する

第三者による品質チェックをおこなった場合に発行される分析証明書は、公式サイトや直接店舗で確認することが可能です。原則、分析証明書の有効期限は1年といわれています。しかし、日本で流通している商品の中には、有効期限が切れて更新せずに使用しているケースもあります。「分析証明書があるから安全」と思わずに、検査日や有効期限なども同時に確認しておきましょう

添加物が多く含まれていないか確認する

自然由来の成分で作られていることの多いCBDガムですが、必ず商品に配合されている成分を確認しましょう

先述の通り、CBDガムは海外製造が多いのが特徴です。日本で取り扱いが禁止されている添加物や、安全性がきちんと確認されていない成分が入っている可能性があります。商品を購入する際に、知らなかったり聞いたことのない成分についてはお店のスタッフに聞いてみるといいですよ。質問するのが苦手な方は、ネット検索でも構いません。良し悪しが分かれば問題ありませんが、もしも成分の性質についての情報が皆無であれば、別のCBDガムを購入するのをおすすめします。

CBDガムについてよくある質問

CBDガムについてよくある質問を紹介します。

CBDガムはどんな味がするの?

日本で購入できるCBDガムの多くは、爽やかなミント味です。長時間噛み続けても飽きない、食べやすい味です。

CBDガムはドンキでも買える?

ドンキ(ドン・キホーテ)で販売されているCBD商品はいくつかありますが、現在、CBDガムは販売されていないようです。ただ、ドンキで販売されている商品の入れ替えは激しいので、今後取り扱われる可能性もあるでしょう。

ドンキでは、CBDグミやリキッド、カートリッジなどが購入できます。CBDを試したことのない方は、これらの商品を使ってみて、効果を実感してみてもいいかもしれませんね。

CBDガムは安全?

日本に流通しているCBDガムは、全て厚生労働省によって輸入許可されたものなので、安全性の高い製品であるといえます。しかし、日本で使用禁止されているTHCが含まれていないとは言い切れないので、購入時に含有成分を確認してください

各メーカーのサイトを調べてみたり、CBDショップのスタッフに聞いてみるといいですよ。

■参考文献

※1 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2689518/ 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4851925/

この記事を書いた人

目次